Japanese Sentence Patterns

【JLPT N1★なしに (nashi ni): without】

Meaning:
without

Formation:
Noun + なしに(は)/なしでは

 

日本語 / にほんご / Japanese
(1) 知恵は経験なしは得られない / 得られません。
(2) 私たちは空気と水なしに生きられない / 生きられません。
(3) 私は父の車を彼の許可なしに運転した / 運転しました。
(4) 価格は予告なしに変わることがある / 変わることがあります。
(5) ノックなしでは私の部屋に入らないでください。
(6) 労働者は事前通知なしでは解雇されることはない / 解雇されることはありません。

 

ことばと表現 / Words & Expressions
事前通知【じぜんつうち】previous notice
労働者【ろうどうしゃ】worker

 

英語 / えいご / English
(1) Wisdom cannot come without experience.
(2) We cannot live without air and water.
(3) I drove my father’s car without his permission.
(4) The prices are subject to change without notice.
(5) Please don’t enter my room without knocking.
(6) No workers can be dismissed without previous notice.

 

ひらがな / Hiragana
(1) ちえは けいけんなしに えられない / えられません。
(2) わたしたちは くうきとみずなしに いきられない / いきられません。
(3) わたしは ちちの くるまを かれの きょかなしに うんてんした / うんてんしました。
(4) かかくは よこくなしに かわることがある / かわることがあります。
(5) のっくなしでは わたしの へやに はいらないで ください。
(6) ろうどうしゃは じぜんつうちなしでは かいこされる ことはない / かいこされる ことはありません。

 

ローマ字 / Roman letters
(1) Chie wa keiken nashi ni erare nai/ erare masen.
(2) Watashitachi wa kuuki to mizu nashi ni iki rarenai/ iki raremasen.
(3) Watashi wa chichi no kuruma o kare no kyoka nashi ni unten shita/ unten shimashita.
(4) Kakaku wa yokoku nashi ni kawaru koto ga aru/ kawaru koto ga arimasu.
(5) Nokku nashide wa watashinoheya ni hairanaide kudasai.
(6) Roudou-sha wa jizen tsuuchi nashide wa kaikosareru koto wanai/ kaikosareru koto wa arimasen.

Related post

  1. JLPT N5

    【JLPT N5★ informal past tense for ru-verbs】

    To change a ru-verb from the dictio…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Official Textbooks / paperback

Official Textbooks / ebook

Recent post

  1. Japanese Sentence Patterns

    【JLPT N4★られる (rareru) – 2: (passive voic…
  2. Japanese Sentence Patterns

    【JLPT N1★とばかりに (to bakari ni): as if, as…
  3. JLPT N5

    【JLPT N5★だけ dake (particle) ” just…
  4. Japanese Sentence Patterns

    【JLPT N2★てからでないと (te kara denai to): unl…
  5. Noboru's Journal

    One of my Main Strategies as a Public Re…
PAGE TOP